周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
<< 宮崎進さん愛蔵の作品が寄贈されました | main | 子ども芸術ワークショップ Vol.15 開催しました! >>
★ 平成31年度 企画展情報★

平成31年度は、下記の展覧会をお届けします。

 


 

 MINIATURE LIFE展

   〜田中達也 見立ての世界〜

   5/24(金)〜7/7(日)

 

「新パン線」ⒸTatsuya Tanaka

 

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックを

担当した、ミニチュア写真家・見立て作家 田中達也。

日常の身近にあるものを別なものに見立てた写真

作品を、2011年から一日も休まずインターネット上で

発表しつづけています。そのフォロワー数は海外も含

め170万人を超えています。

   思わずクスッと笑ってしまう、さすが!とうなって

しまう、楽しい作品世界をお楽しみください。 

 

 


 

〜憧れの欧米への旅〜 竹久夢二展

   7/18(木)〜8/25(日)

 

        「着物の女」      「港屋絵草紙店」

 

叙情画家、竹久夢二の哀愁に満ちた大正ロマン&モダンの世界。
 夢二の美人画や屏風画、オリジナル港屋版画などを紹介。
夢二はアメリカやヨーロッパに長年憧れつづけていました。
晩年、彼がそれらの地へ旅行した際のスケッチやデッサンも
あわせて展示します。

 各地で出会った青い瞳の女性たちや街の風情など、これま

でほとんど公開されることがなかった作品を通して、夢二の

新たな魅力をお届けします。

 

 


 

生誕110年 まど・みちお展

 

 〜国際アンデルセン賞を受賞した

                      日本人たち〜(仮称)

   11/15(金)〜12/22(日)

 

 

 

 

周南市出身の詩人まど・みちおの生誕110年を記念する展覧会。
 日本人として初の国際アンデルセン賞作家賞を受賞した

まど・みちお。国際アンデルセン賞は「小さなノーベル賞」

とも呼ばれています。
 日本人でこの賞を受賞したのは、まどの他、画家の赤羽末吉、

安野光雅、作家の上橋菜穂子、角野栄子です。

 まど・みちおを中心に、アンデルセン賞受賞者5人の作品や

足跡を紹介します。


 


※都合により会期、内容等が変更になる場合があります。

 ご了承ください。