周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
<< 過去の展覧会 | main | 岸田劉生 「善種善果」 >>
前田麦二 「小樽の市場」
 収蔵品紹介(美術)

前田麦二 「小樽の市場」
1931年(昭和6) 油彩・キャンバス 51.0×61.0

otarunoichiba.jpg


前田麦二(まえだ・ばくじ)
1891年(明治24)〜1974年(昭和49)

 前田麦二は1891年(明治24)下松に生まれ、後に徳山に転居しました。1926年(大正15)河上大二、久保白船らと徳山洋画協会を結成、1929年(昭和4)岸田劉生が徳山へ来た折には共に写生に出かけるなど交流をもちました。

  戦後は1946年(昭和21)に結成された防長美術家連盟に参加、各地の美術展の審査員をつとめるなど地域の美術振興に力を注ぎました。1971年(同46)には昔の生活や風俗を記録した「徳山の想い出」を制作、1973年(同48)に画集『徳山の想い出』として出版しました。

  劉生が徳山で亡くなった翌年の1930年(同5)、徳山小学校講堂で岸田劉生慰霊展が開催されました。この時劉生の弟子椿貞雄も徳山を訪れ、前田麦二と親交を深めました。これがきっかけとなり椿に勧められて国画会に出品した作品が「小樽の市場」です。