周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
<< 絹本着色陶弘護像 | main | 岩合光昭写真展プレイガイド >>
岸田劉生 「善種善果」
収蔵品紹介

岸田劉生 「善種善果」
1929年(昭和4)  紙本彩色 132.0×63.0


zenshuzenka.jpg岸田劉生(きしだ・りゅうせい)
1891年(明治24)〜1929年(昭和4)

 明治末から昭和にかけて活躍した画家、岸田劉生は周南市で亡くなりました。

  1929年(昭和4)10月劉生は満州へ渡り、その帰途、徳山出身の画商田島一郎の勧めにより徳山町(当時)に立ち寄りました。当時の徳山は、種田山頭火とも交流のあった俳人久保白船らが徳山文芸協会、徳山洋画協会を結成するなど文化活動が活発で、徳山洋画協会同人の前田麦二、河上大二らの歓待を受けました。しかし劉生は病により料亭で倒れ、12月20日腎臓尿毒症に胃潰瘍を併発し38歳で急逝しました。

  20日あまりの徳山滞在中、数点の油彩画や日本画、料亭の宴席で描いた戯画など約20点を残したとされますが、そのほとんどが散逸したり戦災などで失われ、現存するものはわずかで、「善種善果」はその中の1点です。