周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
岩合光昭写真展 『ねこ』 祝!1万7千人目
 
 
岩合光昭写真展『ねこ』 祝!17千

本日、1月5日(日)は『ねこ』展の最終日。

開館前には入り口にお客さまの列が出来ておりました。


寒い中みなさんありがとうニャ

そして最終日の今日、『ねこ』展の来場者が
1万7千人となりました


1万7千人目のお客様は、柳井市在住の大霜さん(写真右端)でした。


大霜さんには、公益財団法人周南市文化振興財団理事長・
周南市長
木村健一郎より記念品として、
岩合さんの額入りサイン色紙、展覧会の図録などが贈呈されました。

今日は娘さんご夫妻とお孫さん、あわせて5人で来館されたとのことでした.

大霜さんのお家では三毛猫(みーちゃん)を飼われているそうです。

ねこ展にも三毛猫がいるかな?楽しんで下さいね

おめでとうございました


お陰様で、ねこ展にはたくさんの方に来ていただきました



スタッフ一同、心より感謝申し上げます。



みんな来てくれてありがとうニャ



尚、当館は1月6日(月)から3月31日(月)まで、
施設メンテナンスのため休館いたします。

4月からまた新しい展覧会を企画しておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。










!最終日!岩合光昭写真展「ねこ」
 

岩合光昭写真展「ねこ」は

本日、1月5日(日)が最終日となります。

開館は5:00(入館4:30)までです!

ねこ好きのみなさん!お見逃しのないように!20131126141704.jpg

 

【アンケート&口コミご紹介】


★とても良かったです。
1枚1枚に愛情がこめられていると感じました。

★癒しになりました!

★写真だけを見に山口まで・・・とも思いましたが、
来て良かったと思いました。(福岡より)

★BSプレミアムの「世界ネコ歩き」を観ています。とっても良かったです。特にギャラリートークのDVDは生の岩合さんの声が聞けて良かったです。

★ねこのいろんな表情やしぐさを観ることができて、ねこ好きとしてとっても幸せな時間を過ごせました!

★展示内容、ボリュームとも、適切な良い写真展でした。

★岩合さんの写真展はすばらしく、じっと見入ってしまいました。
あと、海ちゃんは本当に綺麗なねこで、エピローグのところで泣きそうになりました。

★初めて写真を見て泣きました・・・!

★どうしても見たかったので来ました。非常に良かったです。

 

1月4日・1月5日開館しています!
 あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

周南市美術博物館は本日と明日の

1月4日(土)・5日(日)は通常どおり9:30〜17:00まで

開館しております。

 

いよいよ岩合光昭写真展「ねこ」も5日(日)で閉幕となります。

お正月から、BSで岩合さんの「世界ネコ歩き」が

再放送され、こちらをご覧になっていらっしゃる方も

多いのではないでしょうか♪

(私も大のねこ派なので欠かさず観ています)

岩合さんのねこの世界もあと2日!

ぜひお見逃しのないようお越し下さい!

  待ってるにゃん

※1月6日より3月31日までの間、施設メンテナンスのため休館します。
 ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

★年末年始のご案内★ 「ねこ」展 あと2日です!

岩合光昭写真展「ねこ」 

いよいよ1月5日(日)で終了します! 寂しいにゃん・・・

周南市美術博物館は12月29日〜1月3日は休館いたします。

ご覧いただける日は本日と残り、

日(土)日(日)2日間となります

年末年始にご観覧予定の方はご注意ください。

そしてお早めにお越し下さいませ!   待ってるにゃん




 ★ お楽しみポイント総まとめ ★


 【 展示室 】   

作品数は244点!!!
展示室内はねこ一色ですので、ねこ好きの方は必見です。
リピーターも多く、「たくさんのねこに囲まれて至福の時だった♪」とのご感想も!

動画はこちら・・・ → 「YouTube」で紹介中!




 【ねこ展グッズ】

現在大人気の、BS・NHKにて放送中
「岩合光昭の世界ネコ歩き」 DVD・ブルーレイともに販売中です!

番組を見逃した方や何度も観たい方にオススメです。
中には、全シリーズを購入された方もいっらっしゃるようです!



岩合さんの写真のねこちゃんは、
「みんな幸せそうな表情をしている」
展覧会を観たお客様が仰っていました♪

そんなねこちゃんたちを観ていると、こちらも幸せになりますね。


岩合さんの作品を手元においておけるということで、
展覧会グッズも大好評です!










 【 ねこちゃん写真募集 】

ロビーにて、みなさんにご応募いただいた「ねこの写真」をご紹介しています。
毎日続々とご応募いただいており、こちらも人気のコーナーです!

写真に一緒に添えてあるメッセージは、
ユーモア溢れるものや思い出が伝わってくるものなど、どの写真も味わい深いです。




【ギャラリートーク】 

今回特別に許可をいただき、11月22日に開催した岩合さんの
ギャラリートークの録画
「ハイビジョンギャラリー」でご紹介しています。こちらは入場無料です☆

岩合さんはお話もお上手で、撮影の裏話など非常におもしろいです。





【カフェにゃテ】

最後に・・・
会期中の限定メニュー 「カフェにゃテ」
かわいいねこの足跡が人気です♪
「カフェテラス・まど」でごゆっくりおくつろぎください☆




岩合光昭写真展 『ねこ』 祝!1万人目
 
岩合光昭写真展『ねこ』 祝!1万人目
本日12月18日(水)、『ねこ展の来場者の方が1万人を突破しました

一万人目のお客様は、平生町在住の中野さんご夫妻でした。
今日はお二人で来館されたとのことでした。


     ご夫妻には、公益財団法人周南市文化振興財団理事長・周南市長木村健一より記念品として、展覧会の図録と岩合さんの額入りサイン色紙などが贈呈されました。


おめでとうございました

展覧会は1月5日(日)まで開催しています。

詳しくはこちら

みなさまのお越しをお待ちしております
岩合光昭写真展「ねこ」 グッズのご紹介
美術博物館のロビーでは、岩合さんの書籍や、岩合さんの展覧会グッズ、その他、ねこグッズを販売しています。




ねこ岩合さんグッズカメラ



ポストカードは、約30種類あります!
ぜひお気に入りを見つけてみて下さい
クローバー
ちなみに、今回の観覧チケットは、左上のねこちゃんの顔型になっており、ご観覧後しおりとしてもお使いいただけますほし

ポストカード1枚 126円(税込)         

マグネット    357円(税込)

    

お得なクリアファイルセット
星 お土産にもどうぞプレゼント
(左)「ねこ」クリアファイルセットA4 5枚入  1,260円(税込)
(右)「ねこ歩き」クリアファイルセットA4 6枚入 1,470円(税込)





周南市粭島のねこちゃんのジャンプ姿は、
お手紙を書く人、もらう人、両方楽しい気分にさせてくれそうです。
一筆箋 420円(税込)
 


ねこ岩合さん書籍本



「ねこ」 1,680円(税込)

その他のねこグッズも取り揃えています。
展覧会をご観覧後は、ぜひグッズ売り場もチェックしてみて下さい
きらきら
お待ちしておりますココア
 
岩合光昭さんのギャラリートーク
   周南市誕生10周年記念
 岩合光昭写真展 「ねこ」

11月22日(金)に開催された岩合光昭さんのギャラリートークの様子を
今回、特別に許可をいただき「ハイビジョンギャラリー」にて放映しています。
(会期中 の1/5まで)
参加できなかった方、これからご来館の方はぜひご覧下さい!

※ ハイビジョンギャラリーは入場無料です



撮影の裏話など、岩合さんのお話はとてもおもしろく会場は大盛り上がりでした!



BS・NHKの「世界ネコ歩き」で今大人気の岩合さん。
午前、午後の回ともに大勢の方が参加され、集まった方のほとんどが
「番組を観ている」とのことです!

         



岩合光昭写真展 「ねこ」 作品紹介

   周南市誕生10周年記念
 岩合光昭写真展 「ねこ」

「ねこ」展の主な作品5点を紹介します。



作品紹介 (1)  「まずはあいさつから」


島根県・出雲市  (C)Mitsuaki Iwago

ネコが幸せになれば、ヒトも幸せになり、地球も幸せになる―――。
ネコ写真の第一人者、岩合光昭さんのモットーです。

世界中の動物たちと向き合ってきた写真人生、現在62歳。
なかでも40年以上にわたって撮り続けているのがこのネコです。

出会いは中学時代、外国のネコの写真集を見て体が震えました。
主に狙うのは町や取材先で出会うネコたち。
テーマは、ヒトとの結びつきと、どんなところで暮らしているか。
 
さて、ネコを探す時は、ネコのように車の入れない狭いところへと入っていきます。
すると突然、ネコの家族が目の前に・・・。
しかしすぐにシャッターを切ってはいけません。
まずはあいさつから。岩合さんの流儀です。

(周南市美術博物館館長 有田順一)


作品紹介 (2)  「完璧なジャンプの瞬間」


山口県・周南市粭島  (C)Mitsuaki Iwago

ネコを見つけるには、ひたすら町を歩き回ることです。
一日20〜30キロ。足が棒になることもしょっちゅうです。

ふと目をやると、塀の上に一匹のネコが。
すると目が一点に集中し、ひげが進行方向を向き、顔も前のめりになり始めました。
「しめた」。直感でシャッターを押します。
青空を背に宙を舞う完璧なジャンプが撮れました。

岩合さんはネコがいると、まずそっと近づき様子をうかがいます。
撮影のコツは「見ることに始まり見ることに終わる」だそうです。
見ないことには何も始まりません。

ちなみに撮影地の周南市粭島は、高級魚・ふぐはえ縄の発祥地。
ここはネコの最高のすみかです。

(周南市美術博物館館長 有田順一)


作品紹介 (3)  「好対照の2匹が仲良く」


長崎県・福江島  (C)Mitsuaki Iwago

ヒトに一番身近な動物といえばイヌとネコです。
イヌはヒトに慣れるのに対して、ネコは自由気ままです。
その好対照をなす2匹が仲良く座っていました。

夕暮れ時で、光量がたりません。
「姿勢を低くし大きく足を開く」。岩合さん自身が三脚です。
絞りF2.8、シャッタースピード30分の1。
どうにかベストショットが撮れました。
このように暗い時は、いかに光をコントロールするかに尽きます。

ネコを撮る場合、光はとても重要です。色は光があるから見えるのです。
形を立体的に見せるのも光です。
光を読めるかどうかで勝負が決まります。
美しいと思うその瞬間を、そのまま写真にできたら最高です。

(周南市美術博物館館長 有田順一)


作品紹介 (4)  「 『野良』でなく『自由』です 」


イタリア・ベネチア  (C)Mitsuaki Iwago

どこへ行っても気になるのが、そこにネコがいるかいないかーーー。
街角の売店にいたネコに吸い寄せられた岩合さん。
レンズを向けるとネコが振り向きました。
「右目を失っている」。
左目はそれを補い強烈な輝きを放っていました。 

そんなイタリアで、ネコを撮影していると大の大人が近寄ってきて、
しゃがんで膝をつきネコをなでていきます。
イタリア人は色気があります。
ここでは野良ネコといういい方は無く自由ネコというそうです。
さすがヨーロッパ。考え方にも文化があります。

各国でネコを撮っていると「世界のネコはどこが違いますか?」と聞かれます。
決まって「ネコはネコなんです」と答える岩合さんです。

(周南市美術博物館館長 有田順一)


作品紹介 (5)  「 教えられた生き方を」



神奈川県  (C)Mitsuaki Iwago

海(かい)は30年以上前、岩合夫妻が初めて一緒に暮らしたネコです。
今でも似ているネコを見つけると「あっ、海ちゃんそっくり!」と思わず声がでるそうです。

海とは、あるお寺で出会いました。
一目で気に入り、お願いしてもらった雌ネコです。
初めは気にも留めませんでした。
しかし、じっと見ていると次第に可愛く思えてきました。
岩合さんは、海を主役にネコの生活を撮り始めました。
子ネコだった海も母親になります。そして一生懸命、子どもを育てます。

ネコは、飼うのではなく、しのぎを削りながらヒトと共に生きていく動物です。
小さな海というネコが、動物写真の権威、岩合さんに教えたネコの生き方です。

(周南市美術博物館館長 有田順一)
岩合光昭写真展「ねこ」 共楽保育園のみなさん
現在開催中の岩合光昭写真展「ねこ」 に
共楽保育園のみなさんが来てくれました〜!



岩合さんの「ねこ」の世界を堪能


いろんなねこちゃんを観て、みなさん喜んで鑑賞していました


大きいサイズの作品も多いので、迫力満点?!


展示室内で上映中の岩合さんの「ねこにカメラをむけるとき」も鑑賞
みなさん、お越しくださりありがとうございました


さて、、、

ただ今美術館は紅葉も見頃です!


そして、クリスマスも近づいて・・・


12月からクリスマスツリーも飾っています・・・★
外は寒いですが、美術館で「ねこ」を観て、
いつもより少しだけのんびり過ごしてみるのもオススメです




遂に開幕!岩合光昭写真展 『ねこ』
 お待たせしました! 本日11月22日(金)から「ねこ」展始まりました〜


<開会式の様子>

岩合さんがあいさつされました〜


テープカット


ロビーはいっぱいになりました。


岩合さんからのプレゼント 





会場入り口に、ねこの絵とサインをしてくださいました



<会場風景>


みなさんぜひ見に来てくださいネ


| 1/6PAGES | >>