周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
岸田劉生 「善種善果」
収蔵品紹介

岸田劉生 「善種善果」
1929年(昭和4)  紙本彩色 132.0×63.0


zenshuzenka.jpg岸田劉生(きしだ・りゅうせい)
1891年(明治24)〜1929年(昭和4)

 明治末から昭和にかけて活躍した画家、岸田劉生は周南市で亡くなりました。

  1929年(昭和4)10月劉生は満州へ渡り、その帰途、徳山出身の画商田島一郎の勧めにより徳山町(当時)に立ち寄りました。当時の徳山は、種田山頭火とも交流のあった俳人久保白船らが徳山文芸協会、徳山洋画協会を結成するなど文化活動が活発で、徳山洋画協会同人の前田麦二、河上大二らの歓待を受けました。しかし劉生は病により料亭で倒れ、12月20日腎臓尿毒症に胃潰瘍を併発し38歳で急逝しました。

  20日あまりの徳山滞在中、数点の油彩画や日本画、料亭の宴席で描いた戯画など約20点を残したとされますが、そのほとんどが散逸したり戦災などで失われ、現存するものはわずかで、「善種善果」はその中の1点です。

前田麦二 「小樽の市場」
 収蔵品紹介(美術)

前田麦二 「小樽の市場」
1931年(昭和6) 油彩・キャンバス 51.0×61.0

otarunoichiba.jpg


前田麦二(まえだ・ばくじ)
1891年(明治24)〜1974年(昭和49)

 前田麦二は1891年(明治24)下松に生まれ、後に徳山に転居しました。1926年(大正15)河上大二、久保白船らと徳山洋画協会を結成、1929年(昭和4)岸田劉生が徳山へ来た折には共に写生に出かけるなど交流をもちました。

  戦後は1946年(昭和21)に結成された防長美術家連盟に参加、各地の美術展の審査員をつとめるなど地域の美術振興に力を注ぎました。1971年(同46)には昔の生活や風俗を記録した「徳山の想い出」を制作、1973年(同48)に画集『徳山の想い出』として出版しました。

  劉生が徳山で亡くなった翌年の1930年(同5)、徳山小学校講堂で岸田劉生慰霊展が開催されました。この時劉生の弟子椿貞雄も徳山を訪れ、前田麦二と親交を深めました。これがきっかけとなり椿に勧められて国画会に出品した作品が「小樽の市場」です。

 

絹本着色陶弘護像
 収蔵品紹介(歴史)

絹本着色陶弘護像
国指定重要文化財
龍豊寺蔵・周南市美術博物館寄託

suehiromori.jpg


 室町時代の武将、陶弘護(すえ・ひろもり)の肖像画。陶氏は代々、大内氏の家老職をつとめている。この肖像画は文明16年(1484)の作で雪舟筆といわれる。画像上部の賛は雪舟と深い関わりを持つ禅僧、以参周省(いさん・しゅうしょう)が記している。弘護の三回忌にあたり制作されたもので、周南市大道理の龍豊寺(りゅうほうじ)に伝えられている。国指定重要文化財。

 陶弘護は、康正元年(1455)に生まれる。父は陶弘房(すえ・ひろふさ)、母は仁保盛郷(にほ・もりさと)の娘。妻は益田兼堯(ますだ・かねたか)の娘。応仁元年(1467)父弘房が応仁の乱により京都で戦死したため、13歳で家督を継いだ。主君大内政弘(おおうち・まさひろ)が京都に在陣中、政弘の叔父大内教幸(おおうち・のりゆき)の叛乱を鎮圧し留守を守った。大内政弘の重臣として筑前守護代をつとめる。文明14年(1482)山口の大内氏館で石見国津和野城主、吉見信頼(よしみ・のぶより)と争い28歳で死亡した。

常設展示室「徳山の歴史」でレプリカを展示中
| 1/1PAGES |