周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
児玉源太郎展 〜終了しました〜


児玉源太郎と近代国家への歩み展
― 盛況のうちに閉幕 ―

★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★



 2012年1月15日(日)
の最終日も
非常にたくさんの
歴史ファン、
児玉ファンの方々に
ご来館いただきました。

ありがとうございました!!
★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★




 

小林道彦先生が来館!





「児玉源太郎と近代国家への歩み展」に
北九州市立大学 教授の
小林道彦先生が来館くださいました。

小林先生は今回の図録で論文を
執筆いただいています。




 お知らせ
今年2月ミネルヴァ書房より
小林先生執筆の
『児玉源太郎』が刊行される予定です。


児玉展ギャラリートーク開催☆

1.jpg



ギャラリートーク開催しています

〈 次 回 〉

1月7日(土)午後2時〜


観覧券をお求めのうえ、展示室にお集まりください

 
12月17日(土)開催時の様子


展示資料以外の児玉源太郎の話や、
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のシーンも
交えながら当館学芸員が説明しました。




『エッセイ児玉源太郎と私・児玉文庫の思い出』


展覧会に向けて、「児玉源太郎と私」「児玉文庫の思い出」の
2つテーマでエッセイを募集しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

応募いただいたエッセイは展覧会会期中、ロビーにて掲示してますので
どうぞご覧ください。





「児玉源太郎と私」では、源太郎に抱く
熱い想いをお寄せいただきました。
「児玉文庫の思い出」では当時の児玉文庫の
様子が伝わってきます。
思わず当時の児玉文庫行ってみたくなるような
思い出が綴られています







児玉源太郎展 開会しました!




本日、12月2日(金)
「児玉源太郎と近代国家への歩み展」が
開幕しました。 

開会式には児玉家や
児玉文庫にゆかりの浅見家の
方々にもお越しいただきました。




 展覧会は4つの章で構成しています

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第1章
幕末から明治維新まで
児玉家系図や
児玉源太郎、義兄次郎彦関係の史料
高杉晋作の書、
西南戦争の錦絵などを展示
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第2章
近代国家への歩み
西洋化する日本の様子を描いた錦絵や
鹿鳴館の晩餐会メニュー、
児玉源太郎、桂太郎が着用した帽子
明治時代の徳山の写真などを展示
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第3章
児玉源太郎
児玉が学んだフランス式陸軍の書物や
日露戦争当時の史料
児玉が着用した軍服、煙草道具
児玉文庫関係史料などを展示
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第4章
ゆかりの人々
山県有朋、伊藤博文、山田顕義、
桂太郎、乃木希典、寺内正毅、
長岡外史、田中義一、児玉秀雄の
各関係史料を展示

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



〜 ショップ 〜
 

展覧会の図録をはじめ、
オリジナルグッズや
「坂の上の雲」や児玉源太郎についての
書籍も販売しています!







カフェテラスまど」から見える
紅葉もちょうど見頃です



★児玉源太郎ゆかりの地MAP★


★ 児玉源太郎ゆかりの地 MAP ★


徳山(現周南市)に生まれた
児玉源太郎ゆかりの地を
まとめた地図が完成しました。

図録には「詳細地図」を掲載していますが、
「簡易地図」は当館にて配布しています。
ぜひ歴史散策をお楽しみ下さい。




【 詳細地図 】 
図録に掲載


【 簡易地図 】 
当館にて配布中



児玉源太郎と近代国家への歩み展





12月2日(金)〜
2012年 1月15日(日)

午前9時30分〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)

休 館 日
月曜日、年末年始
(12月29日〜1月3日)
※ただし1月9日(月・祝)開館、翌10日(火)休館

観 覧 料
一般 700円(600円)
大学生 500円(400円)

( )内は前売および20名以上の団体
18歳以下および70歳以上、身障者の方は無料です。
本展をご鑑賞の際は、常設展も無料でご覧いただけます。




幕末、1853年(嘉永6)のペリー来航の前年に
生まれ、1905年(明治38)の日露戦争終結の翌年に
亡くなった児玉源太郎。

彼の55年の生涯は、日本の近代国家への歩みと
重なります。今回の展覧会は、幕末から日露戦争までの
日本の歩みをたどる中で、
児玉源太郎の生涯を紹介するものです。
児玉源太郎が生きた明治という時代を
改めて振り返ります。



プレイガイド

下記の場所で前売券をお求めいただけます。
(山口県内)

※周南市文化会館、周南市市民館 は12月1日(木)までです。







2.jpg



3.jpgスペシャルドラマ
          
「坂の上の雲」の舞台裏

 ※ 講演会は定員に達しましたので受付を終了いたしました。
    たくさんのご応募ありがとうございました。



7.jpg
     12月11日(日) 
            午後2時〜3時30分

8.jpg
      周南市美術博物館
            ハイビジョンギャラリー

11.jpg藤澤浩一氏
      (NHK「坂の上の雲」チーフ・プロデューサー)

12.jpg
     50名
   ※定員になり次第締め切らせていただきますので、
        ご了承ください。 
受付終了しました】

10.jpg
     無料
    ※ただし、展覧会の観覧券が必要です。

9.jpg
     電話申込      ※先着順
             TEL: 0834-22-8880
 

4.jpg
7.jpg
      。隠卸遑隠憩(土)  
           ◆。鰻遑憩(土)
       
いずれも午後2時〜
    ※観覧券をお求めの上、展示室にお集まりください。



5.jpg 

 6.jpg


7.jpg
      。隠卸遑隠憩(土)  
           ◆。隠卸遑隠呼(日)
  
        
いずれも午後6時30分〜

8.jpg
     周南市美術博物館ロビー




 二夜だけの特別な日。美術館が音楽ホールに変わります…★

林忠彦賞受賞記録集・DVD上映中



「林忠彦賞20回記念写真展」の開催にあわせ
KRY山口放送制作による、
林忠彦賞受賞の記録集・DVDを上映中です。

第11回〜20回までの受賞時の映像と作品の
ダイジェスト版となっています。

ロビーにてどなたでもご鑑賞いただけます。
ぜひゆっくりとソファーに座って、
林忠彦賞の歴史をご覧ください。 ( 約10分 )

●  ●  ●  ●  ● ●  ●  ●  ●
 

!お知らせ!第21回林忠彦賞募集&記念誌電子ブック


   
お 知 ら せ

 ・ ・ ・ ・  【その1】 ・ ・ ・ ・ 

第21回林忠彦賞の
作品募集を開始しました!

各写真関係の施設や
当館ロビーでも「募集要領」を配布しますが
林忠彦賞公式ホームページから
「募集要領」のダウンロードができます。

皆さんの写真をお待ちしています!!


・ ・ ・ ・  【その2】 ・ ・ ・ ・ 

「林忠彦賞20回記念写真展」
記念誌
が電子ブックで
ご覧いただけるようになりました!

電子ブックでご覧いただけるのは
一部抜粋版ですが、
歴代受賞者の方々の
受賞作品や今回展示の新作の写真はもちろん
略歴や作者による作品解説、
写真に関するエッセイも載っています。

個性あふれる
林忠彦賞の歴史が詰まった1冊です!!
ぜひご覧下さい。
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

詳細は、 林忠彦賞公式ホームページ 
をご覧ください

林忠彦賞20回記念写真展 開幕!


9月17日(土)より、
林忠彦賞20回記念写真展が開幕しました!



前日の16日にはザ・グラマシーにて
「林忠彦賞20回を祝う会」を行い、
本日17日にテープカットとともに開幕しました。


祝う会では選考委員3名、歴代受賞者12名にご参会いただき
さらに写真関係者、市民の皆様をお招きし、
20回の節目を祝いました。




細江英公選考委員長


【1階展示室】
林忠彦賞20回記念写真展

歴代受賞作(代表作)と新作、あわせて208点を一堂に展示しています。


― 同時開催 ― 

【2階展示室】 
第20回林忠彦賞受賞記念写真展 山内道雄 「基隆」 
本年度受賞作「基隆」86点を展示しています。

【2階林忠彦記念室】
「林忠彦の世界 機

 「カストリ時代」「日本の作家」「小説のふるさと」などのシリーズから
林忠彦の初期の代表作を展示しています。

館内中が写真の世界になっており、
きっと写真のおもしろさを感じていただけると思います。

| 1/3PAGES | >>