周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
★ミュージアムショップ 新商品入荷のお知らせ★

2016年終了もあと1ヶ月を切りました。

美術博物館では新年に向けての商品が続々と入荷中です☆

 

 

 

【斎藤清カレンダー】(2月19日(日)までの販売となります)

 

来年1月6日(金)から開催の

生誕110年・没後20年「斎藤清の世界」に先駆けて、

やないづ町立 斎藤清美術館より2017年のカレンダー3種類を入荷。

斎藤清美術館の方たちがこだわり抜いて作られた

とてもステキなカレンダーとなっております。

 


名作カレンダー / 3,000円

めくれるリングタイプ(1ヶ月ごと)

※名作カレンダーをご購入の方にボーナスとして、

 斎藤清ポスターカレンダー『裏磐梯 青沼』をプレゼント

なんと、絵は剥がすことができます!!

 


 

壁掛カレンダー / 1,600円

めくれるリングタイプ(2ヶ月ごと)

 


 

卓上カレンダー / 1,000円

プラスチック製の台入り

 

カレンダーをご購入の際には、

斎藤清美術館オリジナルバッグに入れてお渡しします。

 

 

【お箸】

 

 

天削干支箸 / 756円

子供天削干支箸 / 648円

十二支の絵が描かれたお箸です。

男性、女性、男の子、女の子用があります。

来年の干支「酉」の絵はこんな感じ。

 


 

色えんぴつ箸 / 540円

とってもカラフルなお箸。

(色鉛筆としての使用はできません)

 

お近くにお越しの際にお立ち寄りいただき、

ぜひ実物を見てみてください。

 

※価格はすべて税込みです。

 
 

 

 

 
 
 
 

!予告!「斎藤清の世界展」

 

 

 

斎藤清は、近代日本を代表する版画家の一人です。

独学で絵画や版画を学び、独自の造形感覚を磨きました。

1951年にはサンパウロ・ビエンナーレで在サンパウロ日本人賞を受賞。

これは国際展における日本人初の受賞でした。

その後も国際展に出品、受賞を重ねるとともに、

国内外で数多くの個展を開催し、高い評価を得ました。

斎藤清の作品は、代表作「会津の冬」シリーズのほか、

奈良や京都の寺院や仏像、ハニワといった日本の伝統美、

外国の町並み、女性、花、猫など多彩なモチーフで、

ひとつの枠にとどまらない広がりを見せています。

今回の展覧会では、周南市在住の個人コレクターの作品を中心に、

初期から晩年にいたるまでの木版画やコラグラフ、墨画など

約160点を一堂に展示します。

魅力あふれる斎藤清の作品世界をご堪能ください。

 

◆観覧料◆

 一般:1,000円(800円)  大学生:800円(600円)

 ( )内は前売および20名以上の団体

 18歳以下無料

 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、

  戦傷病者手帳等をご持参の方とその介護の方は無料

 ※本展をご鑑賞の際は、常設展も無料でご覧いただけます

 

 >>チラシのPDFはこちら

 

 

関連イベント


●トークセッション

 「斎藤清の原風景 〜晩年を過ごした会津」

 

  斎藤清が晩年の10年間を過ごした会津について、

  やないづ町立斎藤清美術館の田治氏と当館

  学芸員とが作品や写真を通してひもときます。

 

 日  時1月15日(日) 14:00〜

 会  場周南市美術博物館 ハイビジョンギャラリー

 定  員60名(先着順。定員になり次第締め切らせていただき

      ますので、ご了承ください)

 参 加 費無料 ※ただし本展覧会の観覧券が必要です。

 申込方法電話で美術博物館までお申し込みください。

      (TEL:0834-22-8880)

 

 

●ギャラリートーク

 

 日  時1月28日(土)、2月11日(土・祝)

      いずれも14:00〜

      ※観覧券をお求めの上、展示室にお集まりください。

 


 

 

周南人物列伝5 ギャラリートーク開催

 周南の近代を彩ったたち 

 

―周南人物列伝5 画家編― 観覧無料

 

11月19日(土)、23日(水・祝)14:00〜

ギャラリートークを開催しました。

 

今回の画家編で取り上げている

朝倉震陵、大庭学僊、岸田劉生、前田麦二、河上大二

5人の歴史や作品について、学芸員が解説しました。

 

<19日(土)>

多くの方にご参加いただき、

みなさん熱心に解説を聞いていらっしゃいました。

 

 

<23日(水・祝)>

5人の生い立ちを自画像や顔写真など見ながら紹介。

 

解説を聞きながら作品を見ると、より一層 展覧会が楽しめます。

 

ギャラリートークは26日(土)14:00〜も開催します。

周南の歴史をこの地にゆかりのある人物を通して

共に学びませんか?

この機会にぜひご参加ください。

 

 

周南人物列伝5 本日開幕!

周南の近代を彩ったたち

 

―周南人物列伝5 画家編― 観覧無料

 

 

会期:11月17日(木)〜 11月27日(日)

   9時30分〜17時(入館は16時30分まで)

   11月21日(月)休館

会場:周南市美術博物館 展示室1

 

周南市の発展に力を注いできた、

ふるさとゆかりの人たちを紹介する周南人物列伝。

 

今回は、徳山藩御用絵師の朝倉震陵

明治日本画壇で活躍した大庭学僊

近代絵画界の巨匠で周南市で亡くなった岸田劉生

戦前戦後を通じて周南市の洋画の振興に力を尽くした

前田麦二と河上大二の5人を取り上げています。

 

<開会式の様子>

主催者 周南市文化振興財団理事長・木村市長と、

兼重周南市議会議長にご挨拶いただきました。

 

右から、ご来賓の

小野英輔 周南商工会議所会頭

兼重元 周南市議会議長

主催者の

木村周南市長

有田順一 周南市美術博物館館長

 

<展示室の様子>

本日は森重学芸員による解説がありました。

 

5人の画家たちが描いた掛軸や絵画などを

展示しています。

中には見覚えのある場所の懐かしい風景作品も。

 

展覧会は27日(日)までです。

また、19日(土)、23日(水・祝)、26日(土)14:00〜

ギャラリートークも開催されます。

ぜひ会場へ足をお運びください。

周南人物列伝4の解説シートが出来ました。

周南市美術博物館では、平成24年度より

「周南の近代を彩った人たち 周南人物列伝展」

開催しています。

 

そして、4回目となった昨年度の

「特別展示 児玉源太郎―幕末の徳山藩」

解説シートが出来上がりました!

 

今回は児玉源太郎と、

幕末という激動の時代を生きた徳山藩の志士たちを

紹介しています。

 

中は…

 

幕末についての説明や

 

年表、

 

ゆかりの地MAPなど…

 

この解説シートは、明日17日(木)からはじまる

「周南人物列伝5 画家編」の会場で配布します。

また、市内の小中学校のみなさんにもお配りしています。

 

会場では周南人物列伝1・2・3の解説シートも配布しています。

すべてそろえると周南市の歴史や人物について

少し詳しくなれるかも?!

この機会にぜひお手に取ってみてください。

 

※解説シートは数に限りがありますので

 無くなり次第、配布終了となります。

 ご了承ください。

 

 

 

 

― その他の展覧会 ―

 
 <観覧無料>
 
※ 都合により変更される場合があります。ご了承ください。


 


  〈2016年度〉

 

 

     

 

      第12回周南書道連盟展

   11月4日(金)〜6日(日)

   (6日(日)は15時30分まで)

      主催:周南書道連盟

 

 

  第38回山口県高等学校総合文化祭

   美術・工芸、写真部門

   11月11日(金)〜13日(日)

   (13日(日)は16時まで)

  主催:山口県高等学校文化連盟 など

 

 

 

 

 

       

 

 

        周南市学校美術展

   10月28日(金)〜11月1日(火)

    (1日(火)は15時30分まで)

   主催:周南市教育委員会  など  

            

   

 

 

 

        

 

 

          第10回周南美術連盟展
    
9月2日(金)〜9月4日(日)
      (2日(金)は13時〜、4日(日)は16時まで)
             
主催:周南美術連盟

 

 

    第17回和紙ちぎり絵作品展
    
9月8日(木)〜9月11日(日)
      (11日(日)は16時まで)
             
主催:全国和紙ちぎり絵サークル

 

 

    第10回アトリエ陽だまり生徒110人展
    
9月16日(金)〜9月18日(日)
      (18日(日)は15時まで)
             
主催:アトリエ陽だまり

   

 

    第20回ニッコールクラブ山口支部会員展
    
9月22日(木・祝)〜9月25日(日)
      (25日(日)は16時30分まで)
             
主催:ニッコールクラブ山口支部

 

   

 

 

 

 

          

 

              第12回周南水墨画連盟 作品展
    
4月1日(金)〜3日(日)
      (3日(日)は16時まで)
             
主催:周南水墨画連盟


    第44回山口県写真作家集団会員展
    
4月21日(木)〜24日(日)
     
主催:山口県写真作家集団


    第8回書苑書道会展
    
4月30日(土)〜5月1日(日)
      (1日(日)は16時まで)
             
主催:書苑書道会

 



  
2015年度

 

!予告!周南人物列伝5

周南の近代を彩った人たち

 

ー周南人物列伝5 画家編ー

 

11月17日㊍〜11月27日㊐ 11月21日㊊休館

(17日㊍は9:00〜開会式を行います)

周南市美術博物館 展示室1 観覧無料

 

 

周南市は近代日本を代表する画家、岸田劉生が亡くなった街です。

この展覧会では、その劉生をはじめとした 、周南市ゆかりの画家

朝倉震陵、大庭学僊、前田麦二、河上大二の5人を紹介します。

 

前田麦二「徳山風景」

 

    

河上大二「収穫」             岸田劉生「自画像」

 

 

イベント情報


◆ギャラリートーク◆

 11月19日(土)、23日(水・祝)、26日(土)

 いずれも14:00〜

 ご希望の方は展示室にお集まりください。
 
 

周南市美術展2016 開催! 
本日から 『第14回周南市美術展2016』が、
始まりました。

出品数336点の中で、今年の大賞作品は、
平面部門 伊藤聖士さんの【「祈り」−磨崖仏】が選ばれました。


★各部門の市美展準大賞は以下の通りです★
(平面の部)


【紅色夜景】 大川たつみさん

(立体の部)

【生命】楊井朋子さん

 

(書の部)

【なぐさみ】 河村定子さん

(写真の部)


【学び舎】 内山和則さん

   


<表彰式の様子>


大賞受賞の伊藤聖士さんへ
木村市長より賞状が授与されました。

<テープカットで開場>

 


今回は審査委員長の菊屋先生から受賞作品の解説がありましたエクステンション



インタビューを受ける伊藤聖士さん

スポンジを使って色をつけたそうですにじき

 

<会場風景>

芸術の秋、みなさんぜひ見に来て下さい

【会 場】 周南市美術博物館(観覧無料)
  前期〔
平面・立体
〕 10月12日(水)〜10月16日(日)
  後期〔書・写真〕  10月19日(水)〜10月23日(日)
 9時30分〜17時(各日とも入場は16時30分まで)
 ※大賞・準大賞作品は前期・後期通じて展示します

◇消防訓練◇

先日の休館日に、消防訓練を行いました。

(写真は放水訓練の様子)


収蔵品や来館者の方などを守るためにも、

定期的にこのような訓練をしていますおはな

 

職員一同万全の体制で皆様をお迎えできるよう努めています。

 

都城市美術展に参加して

 

 当館の有田館長が、歴史ある、第63回都城市美術展

 審査員をつとめました。

 

 

  審査員のみなさん

 前列向かって左から、本江邦夫多摩美術大学教授、有田館長

 後列向かって左から、山元宣宏宮崎大学教育文化学准教授、

 石川千佳子宮崎大学教育文化学部教授。

 

講評風景

 

 

 

 

応募資格が、「地域を問わず高校生以上」ということで、

宮崎県を代表する、伝統ある「都城市美術展」だけに、

たくさんの力作ぞろいで、熱気あふれる審査会でした。

 


| 1/51PAGES | >>