周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
子ども芸術ワークショップ開催♪

 

 

プロの作家に教えてもらって、工作などを体験してもらう

子ども芸術ワークショップ

 

13回目となる今回のテーマは

》の発見〜顔料をつくってみよう〜」

 

講師に、宇部フロンティア大学短期大学部准教授で画家の

原井輝明先生に来ていただきました筆

 

 

顔料は土や石やなど身近な素材から作ります。

 

四葉のクローバーまず素材を金槌で砕いて…

 

ひらめきシャーペンの芯や線香、チョークなどを持ってきてくれた子も!

 

四葉のクローバーふるいと乳棒・乳鉢を使って粉状にして…

 

四葉のクローバー粉状になったらOK!

 

 

 

四葉のクローバーのりを混ぜて顔料の出来あがり!

 

 

ひらめきみんな顔料を使って、真剣に絵を描いてくれました!

 

この日は小学1年生から中学3年生までの16名が参加してくれていたのですが、

数々の名作がうまれたようです手

 

 

並んだ作品を見てみると…

確かに派手な色はないかもしれませんが

なんだか落ち着くというか、マイルドというか

優しい雰囲気がどの作品からも出ていますよねkyuはーと

 

ひらめき子ども達の感想

・身近な物で絵の具を作れて面白かった

・自然な色、風合いが出て、いつもの絵の具と違って良かった

・絵の具を作るのが大変だった

 

などなど…大変だけど、普段とは違った感覚で絵を描くのを楽しんでくれたようです。

 

先生いわく、「今はこの色・風合いの良さが分からなくても、いつか分かってくれる時がくるといいな…」

とのことでした!

 

みなさんが作ってくれた顔料の色見本を、

しゅうなんアート・ナウ2017の会期中

《4月8日(土)~16日(日)》

当館ロビーに展示します。

是非ご覧くださいバイバイ

 

 

天恩山五百羅漢寺

 

 本日開幕しました、第26回林忠彦賞記念

林忠彦オリジナルプリント展「天恩山五百羅漢寺」。

 

作品の舞台となった、東京都目黒区にある天恩山五百羅漢寺の学芸員、

堀研心さんが展覧会を見に来てくださいました。


 

 

堀研心さんのお父様は、画家の堀研さんです。

 

堀研さんとは、昭和60年に、当館名誉館長の宮崎進の展覧会を

開催したときからのおつきあいです。

堀研さんご夫妻も一緒に来館くださいました。

 

 

― その他の展覧会 ―

 
 <観覧無料>
 
※ 都合により変更される場合があります。ご了承ください。


 


  〈2016年度〉

 

  

      

   

  第13回周南水墨画連盟作品展

   2017年3月30日(木)〜4月2日(日)

   (30日は13時〜、2日は16時まで)

  主催:周南水墨画連盟

 

          

  

 

 

       

 

      コンタンポラン

   2017年2月24日(金)〜26日(日)

   (24日は13時〜、26日は16時まで)

  主催:コンタンポラン

 

 

 

 

 

     

 

      第12回周南書道連盟展

   11月4日(金)〜6日(日)

   (6日(日)は15時30分まで)

      主催:周南書道連盟

 

 

  第38回山口県高等学校総合文化祭

   美術・工芸、写真部門

   11月11日(金)〜13日(日)

   (13日(日)は16時まで)

  主催:山口県高等学校文化連盟 など

 

 

 

 

 

       

 

 

        周南市学校美術展

   10月28日(金)〜11月1日(火)

    (1日(火)は15時30分まで)

   主催:周南市教育委員会  など  

            

   

 

 

 

        

 

 

          第10回周南美術連盟展
    
9月2日(金)〜9月4日(日)
      (2日(金)は13時〜、4日(日)は16時まで)
             
主催:周南美術連盟

 

 

    第17回和紙ちぎり絵作品展
    
9月8日(木)〜9月11日(日)
      (11日(日)は16時まで)
             
主催:全国和紙ちぎり絵サークル

 

 

    第10回アトリエ陽だまり生徒110人展
    
9月16日(金)〜9月18日(日)
      (18日(日)は15時まで)
             
主催:アトリエ陽だまり

   

 

    第20回ニッコールクラブ山口支部会員展
    
9月22日(木・祝)〜9月25日(日)
      (25日(日)は16時30分まで)
             
主催:ニッコールクラブ山口支部

 

   

 

 

 

 

          

 

              第12回周南水墨画連盟 作品展
    
4月1日(金)〜3日(日)
      (3日(日)は16時まで)
             
主催:周南水墨画連盟


    第44回山口県写真作家集団会員展
    
4月21日(木)〜24日(日)
     
主催:山口県写真作家集団


    第8回書苑書道会展
    
4月30日(土)〜5月1日(日)
      (1日(日)は16時まで)
             
主催:書苑書道会

 



  
2015年度

 

 

 

 

 

まどさんについてのおはなし会

 

きょうはまど・みちおさんの命日です。

この日にちなんで毎年開催している

「まどさんについてのおはなし会」がありました。

 

講師にお招きしたのは、

JBBY(一般社団法人日本国際児童図書評議会)会長の板東悠美子さんです。

 

 

板東さんは、1994年のまどさんの国際アンデルセン賞受賞に

携わったJBBYのメンバーのお一人で

受賞後もまどさんの詩や絵画の全国巡回展を開くなど

まどさんの業績の周知にも尽力されました。

 

1988年から推薦の準備を始め、

皇后・美智子さまによるまどさんの詩の英訳や、

推薦資料の作成などを経て受賞に向けて多くの人が携わったことを

お話になりました。

また、まどさんは国際アンデルセン賞の授賞式に

ご高齢で出席出来ませんでしたが、ビデオで受賞スピーチをされました。

そのビデオも観ることが出来ました。

 

子どものことを一番に考えたまどさんの言葉に

参加者のみなさんも感動した様子でした。

 

参加者の中にはまどさんの童謡「ぞうさん」にちなんで

ぞうさん柄の着物の帯を締めていらした方もいらっしゃいました!

 

またこちらの「まど・みちおさんありがとう缶バッジ」も

100個限定で配布し、喜ばれました(^^)

この缶バッジのデザインは年ごとにコスモスの色や花びらの形が変わっています。

まどさんが周南市のために書いてくださった詩「コスモス」。

しっかりと次の世代へいきたいですね。

こちら、無くなるまで当館で配布しています!

お早めにご来館ください♪

第26回林忠彦賞決定!!

2月15日(水)、当館におきまして

木村健一郎 周南市長より報道発表がありました。

 

第26回林彦賞

有元伸也さんの写真集・写真展

「TOKYO CIRCULATION」です。

 

 

東京という都市にたくましく生きる人間の姿を

追い求め続けた写真の数々は、

重厚感あふれる中にも大変人間的です。

作品の持つ圧倒的なエネルギーは

選考委員会でも高く評価されました。

 

 

東京・周南・北海道東川町で

「受賞記念写真展」も開催します。

詳しくは、林忠彦賞公式ホームページをご覧ください。

 

【林忠彦賞公式HP】

http://www.hayashi-award.com/

 

【YouTube 選考委員長講評】

 

 

★ 平成29年度 企画展情報★

平成29年度は、下記の展覧会をお届けします。

 


 

 

現代日本を代表するデザイナー、シンジカトウ。

童話の「赤ずきんちゃん」から「ポケモン」との

コラボレーションまで、魅力的なデザインの品々

は、世界中で愛され続けています。

本展では、原画、下絵、雑貨などの作品約200点

を展示し、彼の作り出す夢の世界を紹介します。

 

 


 

 

永遠のヒーロー、仮面ライダー。

1971年の放送開始から45年余り、その人気は世代

を超えて広がっています。

本展では、原作者・石森章太郎の貴重な漫画原稿

やイラスト原画、当時の懐かしいスチール写真や

映像などを紹介。

進化し続ける造形美にも焦点をあて、約400点を

展示します。

 

 


 

 

「日本童画のパイオニア」と呼ばれる武井武雄。

彼の多彩な創作活動を紹介し、優しさとユーモア

に包まれた創造世界に触れてもらう展覧会です。

童画だけでなく版画や玩具など、約250点を展示

します。

 

 


※都合により会期、内容等が変更になる場合があります。

 ご了承ください。

斎藤清の世界展 ギャラリートーク開催!

 

1月28日(土)の14:00〜

ギャラリートークを開催しましたさくらんぼ

 

 

斎藤清の生い立ちから、

年代、テーマごとの作品の見どころについてなど、

とても多くの方たちが学芸員の話を聞きながら

鑑賞されました。

 

 

熱心に解説を聞かれる参加者のみなさん、

あっという間の1時間でした。

 

 

 

 

ギャラリートークは2月11日(土・祝)

14:00〜も開催します。(※要観覧券)

この機会にぜひご参加ください。

 

 
 
 

【!予告!】第26回林忠彦賞記念 林忠彦オリジナルプリント展「天恩山五百羅漢寺」

 

第26回林忠彦賞記念

林忠彦オリジナルプリント展

 

「天恩五百羅漢寺」

 

日(金)→ 320日(月・祝)3月6・13日休館

周南市美術博物館 展示室1・2

観覧無料

 

                      羅怙羅尊者

 

林忠彦賞の発表を記念して、

林忠彦のオリジナルプリントを紹介します。

東京目黒区にある天恩山五百羅漢寺に

300年間存在し続けた羅漢像。

林忠彦が人物写真で培った撮影手法を駆使し、

歴史的時間と空間の表現に挑んだ作品45点を展示します。

仏師・松雲元慶が彫り上げた

人間の喜怒哀楽の表情をご堪能ください。

 

 

               五百羅漢寺内部

 

       普荘厳尊者(左)特大医尊者(右)

 

※会期中は常設展も無料でご覧いただけます。

 

【!参加者募集!】子ども芸術ワークショップ Vol.13

 

土や砂、石やレンガなど身近な素材から顔料を作り、

それを使って絵を描きます。

どんなものからどんな色ができるのか試してみませんか。

ご応募お待ちしています!

 

 

日  時:3月19日(日) 10:00〜16:00

場  所:周南市美術博物館 ハイビジョンギャラリー

講  師:原井輝明氏

      (宇部フロンティア大学短期大学部准教授・画家)

対  象:小学生、中学生

定  員:15名

参 加 費:500円(材料費など)

 

申込方法:往復はがきに下記を明記の上、

       美術博物館までお送りください。

       ―蚕蝓´∋疚勝´3惺嗣勝Τ愬 づ渡暖峭

      (宛先:〒745-0006 周南市花畠町10-16)

締  切:3月7日(火)必着

お問合せ:周南市美術博物館 TEL:0834-22-8880

 

※希望者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。 

 
 

 

【お知らせ】まどさんを偲ぶイベントを開催します

2月28日(火)は、

周南市出身の詩人まど・みちおさんの命日にあたります。

周南市美術博物館では、まど・みちおさんを偲び

下記のイベントを開催しますコスモス

 

★2月28日当日は、常設展は無料でご覧いただけます。


 

●まどさんについてのおはなし会

 ―まどさんと国際アンデルセン賞―

 

 JBBY(一般社団法人日本国際児童図書評議会)会長の

 板東悠美子さんが、まどさんの国際アンデルセン賞受賞の

 舞台裏をおはなしします。

 

 聴講無料

 

  日  時:2月28日(火) 14:00〜(1時間程度)

  場  所:周南市美術博物館 ハイビジョンギャラリー

  定  員:50名(先着順・定員になり次第締め切らせていただきます)

  申込方法:お電話にてお申し込みください

       (TEL 0834-22-8880)

 

  講  師:板東悠美子(ばんどう・ゆみこ)さん(JBBY会長)

     

  早稲田大学卒業。中学校の英語科講師、福音館書店勤務など

  を経て、JBBY事務局長となる。事務局長時代の1994年に

  まどさんが国際アンデルセン賞作家賞を受賞。その後、

  JBBY理事、監事を歴任し、2013年より会長をつとめる。

  「まど・みちおの世界」展(1996年・全国12か所巡回)の

  展示企画のほか、絵本の翻訳も手がける。

 

 

●「まど・みちおさん ありがとう」

  缶バッジのプレゼント

 

 2月28日の来館者先着100名様に

 缶バッジをプレゼントします。

 

 

 


 

 

| 1/52PAGES | >>