周南市美術博物館
周南市美術博物館 ブログ






  • 周南市美術博物館
    ホームページTOP

    周南市美術博物館

  • 周南市美術博物館twitter

    @Shunan_bihaku

  • 周南市美術博物館YouTube
☆★生誕110年 まど・みちお てん 開幕★☆

 

 

開幕しました!★

 

主催者として、佐田邦夫 周南市副市長があいさつ。

 

テープカットをして展示室へ。

 

展示室では松本学芸員によるギャラリートーク。

 

周南市出身のまど・みちおの展覧会は今回が3回目。

生誕110年の今回はまどさんが1994年に受賞した

“国際アンデルセン賞”に焦点をあてています。

 

この賞は、1953年にIBBY(国際児童図書評議会)が創設した、

世界で初めての子どもの本の国際的な賞です。

 

1階の展示では、まどさんのアンデルセン賞作家賞

受賞までの道のりを時代を追って紹介しています。

また、同賞を受賞する過程で

JBBY(日本国際児童図書評議会)が作成した推薦資料の数々も展示。

 

その中でも英訳詩集「THE ANIMALS」は大きな役割を果たしています。

この本は、「ぞうさん」をはじめとするまど・みちおの詩20篇を、

当時の皇后・美智子さま(現・上皇)が英訳。

そして同じくアンデルセン賞画家賞を1984年に受賞していた

安野光雅さんの絵が添えられています。

 

 

そんな裏話に、みなさん熱心に聞き入っていました!

 

2階には同じく国際アンデルセン賞を受賞した4人の日本人作家、

画家賞:赤羽末吉さん、安野光雅さん

作家賞:上橋菜穂子さん、角野栄子さん の作品や関連資料を展示しています。

 

世界に通用する、愛される作品を作り続けてきた、また作り続ける作家たちの

精力的な取材活動の様子をうかがい知ることができる資料や、

受賞した際のスピーチの映像や写真、原稿も展示しています。

 

この機会に「子どもたちに愛された5つの星」たちの

創作に対する溢れるエネルギーにふれてみませんか?

 

 

会期・関連イベント等はこちらのブログでチェック!

http://s-bihaku.jugem.jp/?cid=47

 

★まどさん誕生日 コスモスの鉢植えプレゼント★

 

11月16日は、周南市出身の詩人 まど・みちおさんの誕生日です。

今年はちょうど、生誕110年にあたります。

 

周南市美術博物館では、

11月16日(土)に「生誕110年 まど・みちお てん」を見に来られた方

先着50名様限定でコスモスの鉢植えをプレゼントします。

 

なぜ、コスモスの花? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

理由は、まど・みちおさんがふるさとに贈ってくださった唯一の詩

「コスモスのうた」にちなんでいますコスモス

 

 

この機会にぜひお越し下さい。

 


 

【観 覧 料】

 一般:1,000円(800円)  大学生:800円(600円)

 ( )内は前売および20名以上の団体

 18歳以下無料

 

 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、

  戦傷病者手帳等をご持参の方とその介護の方は無料

 ※本展をご鑑賞の際は、常設展も無料でご覧いただけます

【前売券情報】★生誕110年 まど・みちお てん★

 

 

 

【プレイガイド】

 当館のほか、以下の場所で前売券をお求めいただけます。

 前売券〉 一 般:800円  大学生:600円

 (当日券は 一 般:1,000円     大学生:800円)

 

 18歳以下無料

 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、

 戦傷病者手帳等をお持ちの方とその介護の方は、

 受付で証明できるものを提示していただければ無料です。

 

 ※周南市美術博物館、周南市文化会館での取扱いは、

  11月14日(金)までです。

 

 

第17回 周南市美術展2019 大賞受賞者へのインタビュー

 

市美展大賞を受賞された、溝口智司さんにお話をうかがいました。

 

 

○ 市美展大賞を受賞されたご感想は?

   

   最初はピンときませんでした。びっくりしましたが、

   嬉しいです。

 

○ 大賞作品「光訪る紅の谷間」はどこで撮影されたのですか?

 

   アメリカアリゾナ州ページ近郊の峡谷、

   アンテロープキャニオンです。

 

   「きれいなウェイブが見られるよ」と

   聞いていたので、定年退職記念の旅行で、

   撮影に行きました。

 

   「ビーム」とよばれる、真上から光が

   差し込む時間にしか見られない神秘的な

   光線を撮影したかったのですが、あいに

   く曇っていて「ビーム」は撮影できず、

   残念でした。

   しかし、曇っていて光が回っていたので、

   このような写真がとれました。

   この作品は、あとから見返してもインパ

   クトがあったので、今回、出品しました。

 

もともと、山の写真が好きで、北アルプスや、

中四国、九州の山々に登って撮影されるという溝口さん。

風景写真は天候に左右されますが、与えられた条件の中で、

最適な光景が撮れればという「一期一会」の気持ちで撮影

にのぞまれているそうです。

 

そのとき、その瞬間、その場所でしかとれない写真。

そう思ってみると感慨深いですね。

 

最近では、風景のほかに、野鳥の写真も撮られている

とか。

これからも、野鳥や里山など自然の情景を撮影してい

きたいと抱負を語られました。

 

 

 

 

 

10月22日(火・祝)は無料開館します

 

10月22日の天皇陛下「即位礼正殿の儀」を

記念して無料開館します。

 

常設展

 展示室4 林忠彦記念室

  「昭和の文豪・文士たち」

     周南市出身の写真家・林忠彦がとらえた、昭和の小説家たちの

  素顔、日常にご注目ください。

 

 

 展示室5 まど・みちおコーナー

  周南市出身の詩人まど・みちおの抽象画にご注目ください。

 

まど・みちおの絵本も展示しています。

 

 

 展示室5 徳山の歴史

  展示室を1周すると、周南の歴史がたどれます。 

 

 

この機会にぜひお越しください。

 

 

第17回周南市美術展2019 開幕

 第17回 周南市美術展2019

 

 本日、表彰式が行われました。

 

 

 藤井律子市長より 市美展大賞受賞の

 写真部門 溝口智司さんに賞状が授与されました。

 

 

 各部門の準大賞受賞の方々に賞状が授与されました。

 

 向かって左から 平面部門 徳原貴美子さん

         立体部門 木本多津子さん

         書部門  村田美由紀さん

         写真部門 中村啓太郎さん

 

 

 テープカット

  左より 審査員の小田善郎氏、小林雄二周南市市議会議長、

  市美展大賞受賞者の溝口智司氏、藤井律子周南市長、

  有田順一美術博物館館長、西博史市美展運営委員長。

 

 

                   

 

 作品について説明される受賞者の方々

 

会場風景(1階)

 

会場風景(2階)

 

 会期 前期 書・写真  10月16日(水)〜10月20日(日)

    後期 平面・立体 10月23日(水)〜10月27日(日)

 

   市美展大賞・準大賞作品は、前期・後期通じて展示します。

 

 観覧無料

 

    芸術の秋です。ぜひご来場ください。

 

 

 

 

第17回周南市美術展2019 審査結果

「第17回周南市美術展2019」の各賞受賞者が決定しました。

4部門で316点の出品があり、今年の大賞作品には、

写真の部「光訪る紅の谷間」溝口 智司さんの作品が選ばれました。

市美展大賞(写真の部)

「光訪る紅の谷間」
溝口 智司さん

市美展準大賞(平面の部)

「記憶の森ーみずうみ」
徳原 貴美子さん

市美展準大賞(立体の部)

「雨水」
木本 多津子さん

市美展準大賞(書の部)

「大輪の花」
村田 美由紀さん

市美展準大賞(写真の部)

「わぁ!すごい」
中村 啓太郎さん

各部門の審査結果

審査結果一覧は市のホームページをご覧いただけます。

 http://www.city.shunan.lg.jp/soshiki/16/42603.html

 

【展覧会】
前期展覧会 [書・写真]
10月16日(水)〜10月20日(日)
後期展覧会 [平面・立体]
10月23日(水)〜10月27日(日)

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

◇予告◇ 生誕110年 まど・みちお てん

 

 

〈会期〉11月15日(金)〜12月22日(日)

    9:30〜17:00(入館は16:30まで)

    休館日:月曜日

 

 周南市出身の詩人まど・みちお(1909‒2014)。

まど・みちおは、1994年、84歳で「小さなノーベル賞」とも

いわれる、世界的な児童文学の賞である、国際アンデルセン賞

作家賞を日本人として初めて受賞しました。

 長年にわたり、子どもたちのために作品を生み出しつづけた

その功績が、世界に認められました。

人間だけでなくすべての存在に等しくそそがれるあたたかな

眼差し、まど・みちおの独自の世界観が受け入れられたのです。

 

 生誕110年を記念する本展では、国際アンデルセン賞を受賞

するまでの、まど・みちおの詩人としての足跡を自筆の創作

ノートなどの資料でたどります。

また同じく国際アンデルセン賞を受賞した4人の日本人作家

(画家賞:赤羽末吉、安野光雅 作家賞:上橋菜穂子、角野栄子)

の作品もあわせて紹介します。

 

 


 

アンデルセン賞のなかまたち 

 

〈画家賞〉

 1980年受賞

  赤羽末吉(1910-1990)

 

『スーホの白い馬』(大塚勇三再話 福音館書店) 1967 年

ちひろ美術館蔵 *ピエゾグラフにて展示

 

 

 1984年受賞

 安野光雅(1926-)

 

『あいうえおの本』(福音館書店) 1976 年

津和野町立安野光雅美術館蔵 ©空想工房

 

 

〈作家賞〉

 2014年受賞

 上橋菜穂子(1962-)

写真:小池博

 

 

『精霊の守り人』    『精霊の守り人』(英語版)

  著者/ 上橋菜穂子     翻訳者/Cathy Hirano

  画家/ 二木真希子     画家/Yuko Shimizu

  出版社/ 偕成社      出版社/Scholastic 社(アメリカ)

 

 

 2018年受賞

 角野栄子(1935-)

 

『魔女の宅急便』自筆原稿

 


 

 

【観 覧 料】

 一般:1,000円(800円)  大学生:800円(600円)

 ( )内は前売および20名以上の団体

 18歳以下無料

 

 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、

  戦傷病者手帳等をご持参の方とその介護の方は無料

 ※本展をご鑑賞の際は、常設展も無料でご覧いただけます

 

 

関連行事


 

☆記念講演会 ※事前申し込み

  峭餾櫂▲鵐妊襯札鷯泙箸泙匹気鵝

  日時:11月24日(日)13:30 〜 14:30

  講師:板東悠美子氏(元JBBY会長)

 ◆屬泙匹気鵝△泙匹靴討襦

  日時:12月7日(土)13:30 〜 14:30

  講師:市河紀子氏(編集者)

 

 ´△箸

  会場:周南市美術博物館ハイビジョンギャラリー

  定員: 50名(先着順。定員になり次第締め切らせて

     いただきますので、ご了承ください。)

  聴講料:無料 ※ただし本展覧会の観覧券が必要です。

  申込方法:電話で美術博物館までお申し込みください。

  (☎ 0834−22−8880)

 

☆学芸員によるギャラリートーク ※予約不要

  日時:11月30日(土)、12月21日(土)14:00 〜

  ※観覧券をお求めの上、展示室にお集まりください。

 


台風接近にともなう臨時休館のお知らせ

 

 明日8月15日(木)は、台風10号の接近にともない

 荒天が予想されるため、臨時休館とさせていただきます。

 なお、本日8月14日(水)は、開館しております。

−その他の展覧会−

<観覧無料>
 
※ 都合により変更される場合があります。ご了承ください。


 

 

 

 

  第15回周南水墨画連盟作品展
     4月18日(木)〜21日(日)

    (4月18日(木)は13時〜、4月21日(日)は16時まで)
            主催:周南水墨画連盟

 

 

  第11回書苑展
     4月27日(土)〜28日(日)
    (28日(日)は16時30分まで)
            主催:書苑書道会

 

 

 

 

  第47回山口県写真作家集団会員展
     5月2日(木)〜5日(日)
            主催:山口県写真作家集団

 

 

 

 

  第23回ニッコールクラブ山口会員展

  ◆ポートフォリオレビュー byハナブサ・リュウ

     8月30日(金)〜 9月1日(日)

    (9月1日(日)は16時まで)

            主催:ニッコールクラブ山口支部

 

 

 

 

  アトリエ陽だまり・グループ水曜会水彩画展
     9月6日(金)〜8日(日)

    (8日(日)は15時まで)
            主催:アトリエ陽だまり

               グループ水曜会

 

 

  美術文化協会 第35回山口グループ展
     9月12日(木)〜16日(月・祝)
    (12日(木)は13時から/16日(月・祝)は15時まで)
            主催:美術文化協会山口支部

 

 

  和紙ちぎり絵作品展
     9月20日(金)〜23日(月・祝)
    (23日(月・祝)は16時まで)
            主催:周南地区ちぎり絵サークル

 

 

  周南書道連盟展
     9月27日(金)〜29日(日)
    (29日(日)は16時まで)
            主催:周南書道連盟

 

 

     

 

 

   <2018年度>

| 1/63PAGES | >>